loading
慢性疾患の原因となる食物を見つけ出す

IgGフードMAP検査

IgGフードMAP検査は自由診療での検査になります。

更新情報
2020年9月より、検査項目数が2倍以上に増加しました(94項目→192項目へ)。
項目増加に伴い、価格も改定しています(従来37,230円→改定後39,430円)。
1項目当たりの値段が大幅にダウンしました。

IgGフードMAP検査とは

IgGフードMAP検査は、あらゆる慢性疾患の原因となっている食物を知ることで、自分に合った食生活の改善を実行するために有効なガイドとなります。 一般的なアレルギーは、「IgE抗体アレルギー」といわれ、食べ物を食べた直後に、湿疹や皮膚のかゆみ、呼吸困難などの症状を引き起こします。一方で、食事後、2時間~数週間後に症状が現れる食物アレルギーがあります。現れる症状は、頭痛、肩こり、めまい、下痢、疲労感、肌荒れ、ニキビ、アトピー症状、多動などさまざまです。
このように、症状の出現に時間がかかり、かつ、比較的軽い症状を引き起こすアレルギーを、「IgG抗体アレルギー(遅延型アレルギー)」といいます。症状が時間をおいてあらわれるので、アレルギーと識別するのは困難です。
ある臨床試験で、IgGでアレルギー反応のある食物を完全に食事から除くと、過敏性腸症候群、自閉症、注意欠陥(多動性)障害、のう胞性線維症、リウマチ性関節炎や癲癇などの症状が著しく改善したと報告されています。
グレートプレインズ研究所は、カンジダ・アルビカンス、酵母を含む下記192項目の抗体別アレルギー検査を行い、問題となるIgGアレルギーを調べます。

検査項目(192項目)

乳製品 β-ラクトグロブリン、カゼイン、チーズチェダー、牛乳、ヤギの乳、モッツァレラチーズ、羊乳のヨーグルト、乳清(ホエイ)、ヨーグルト
豆類 小豆(アズキ)、黒豆、ガルバンゾ(ひよこ豆)、サヤマメ(グリーンビーン)、グリーンピース、インゲン豆、レンズ豆、リマビーン、緑豆、ネイビービーン、ピントビーン、大豆、豆腐
果物 アサイベリー、リンゴ、アプリコット、バナナ、ブルーベリー、メロン、チェリー、ココナッツ、クランベリー、デーツ、イチジク、ブドウ、グレープフルーツ、グアバ、ジャックフルーツ、キウイ、レモン、ライチ、マンゴー、オレンジ、パパイヤ、パッションフルーツ、桃、梨、パイナップル、プラム、ザクロ、ラズベリー、イチゴ、スイカ
穀類 アマランス、大麦、そば、コーン、グリアディン、麦芽、ミレー、オーツ麦、キノア、米、ライ麦、ソルガム、テフ、小麦グルテン、全粒小麦
魚/シーフード アワビ、アンチョビ、バス、カツオ、タラ、カニ、オヒョウ、アジ、ロブスター、サバ、タコ、カキ、さんま、スズキ、タイ、サーモン、イワシ、ホタテ貝、エビ、アサリ、イカ、ティラピア、マス、マグロ
肉/鶏 牛肉、鶏肉、アヒル、卵白、卵黄、ガチョウ、子羊、豚肉、七面鳥(ターキー)
ナッツ類と種 アーモンド、ブラジルナッツ、カシュー、栗(くり)、チアシード、亜麻仁(アマニ)、ヘーゼルナッツ、麻(ヘンプ)の実、マカデミアナッツ、落花生(ピーナッツ)、ペカン、松の実、ピスタチオ、カボチャの種、ゴマ、ヒマワリの種、くるみ
野菜 アーティチョーク、アスパラガス、アボカド、たけのこ、もやし、ビート、ピーマン/パプリカ、ゴーヤ、ブロッコリー、芽キャベツ、ゴボウ、キャベツ、にんじん、カリフラワー、セロリ、唐辛子、きゅうり、ナス、えのき茸、ニンニク、ケール、リーキ(西洋ネギ)、レタス、レンコン、白菜、グリーンオリーブ、玉ねぎ、ポルタベッラ(キノコ類)、じゃがいも、かぼちゃ、だいこん(ラディッシュ)、海藻昆布、海苔(のり)、わかめ、しいたけ、ホウレンソウ、スイートポテト(サツマイモ)、トマト、ヤムイモ、イエロースカッシュ、ユッカ、ズッキーニ
ハーブやスパイス バジル、ベイリーフ、黒コショウ、カイエンペッパー、コリアンダー、シナモン、クローブ、クミン、カレーパウダー、ディル、ショウガ、ホップ、ミント、味噌(みそ)、マスタードシード、オレガノ、甘唐辛子、ローズマリー、セージ、タラゴン、タイム、ターメリック、バニラビーン
その他 ブロメライン、砂糖、ココア豆、コーヒー、緑茶、はちみつ、肉糊(トランスグルタミナーゼ)、ウーロン茶

料金

IgGフードMAP検査 料金 39,430円(税込)
※健康診断・人間ドックのオプションでの料金となります。

IgGフードMAP検査のみ実施の場合には、42,530円(税込 15分までの結果説明含む)となります。

検査の流れ【健康診断・人間ドックのオプションとして実施の場合】

健康診断・人間ドックのオプションとして、同日に採血を実施します。また同日に問診票など必要書類の記入を行います。
検査結果は、健康診断・人間ドックの検査結果とともに郵送またはあらかじめご予約いただいた結果説明時にご説明いたします。

検査の流れ【IgGフードMAP検査のみ実施の場合】
1回目の受診日

お電話でご予約の上、ご来院ください。
お電話でのご予約の際には、「IgGフードMAP希望」とお伝えください。
来院後、採血と問診票など必要書類の記入を行います。

2回目の受診日

概ね4週間後にご予約をいただき、結果をもとに医師より結果説明(15分まで)を行います。
15分以上の結果説明となる場合には、再診料(3,100円・税込 15分毎)が別途かかります。

お願い

IgGフードMAP検査は、採血を行い、検査機関にて検体を検査します。その際に稀に検体エラーといって、うまく検査できないことが起こることがあります。その際には、再度採血をさせていただき、再検査を行うこととなります。お手数ですが、再来院をいただくこととなります。
また、途中でのキャンセルはできません。クライアント様の希望による中止の場合、返金はいたしかねますのでご了承ください。

ご予約(完全予約制)/ ご相談

予約を希望される方は必ずこちらをご一読のうえご連絡ください。
予約の変更・キャンセル・遅刻について

予約・相談窓口

0266-77-2050

受付時間

  • 月曜日から金曜日
    午前
    8:30~12:30(診療開始 9:00)
    午後
    14:30~17:30(診療開始15:00)
  • 第2・4土曜日
    午前
    8:30~12:30(診療開始 9:00)

休診日

  • 日曜日・祝日
  • 第1・3・5土曜日

長野県茅野市豊平3317-1

アクセス

お知らせ

過去のお知らせ