loading

喘息の診断に有用な「NIOX VERO」を導入しました

喘息では好酸球性気道炎症が起こるため、呼気一酸化窒素(NO)濃度が上昇することがあります。この事を利用し、呼気NOを測定して気管支喘息の診断や喘息の程度を評価する事ができます。
当院では、喘息の診断性をさらに高めるため、呼気NO濃度を測る機械「NIOX VERO」(ナイオックス ベロ)を導入しました。

NIOX VEROによる呼気NOの測定は、簡便でかつ非侵襲的に測定が可能で、再現性に優れているため、臨床的に非常に優れた気道炎症のバイオマーカーと言われています。
簡単な検査法で、ゲーム感覚でできます。特に痛みや、苦しさは伴いません。ご希望の方はご予約時にお伝えください。

「NIOX VERO」画面アニメーション

ATS/ERSの推奨では、FeNO測定は「50ml/sec±10%の呼気流量で10秒間呼出すること」と規定しています。NIOX VEROはこの条件を満たした場合だけ、呼気を分析し結果を表示します。

「NIOX VERO」機械写真

「NIOX VERO」測定の流れ

お問い合わせ

お問合せ窓口

0266-77-2050

受付時間

  • 月曜日から金曜日
    午前
    8:30~12:30(診療開始 9:00)
    午後
    14:30~17:30(診療開始15:00)
  • 第2・4土曜日
    午前
    8:30~12:30(診療開始 9:00)

休診日

  • 日曜日・祝日
  • 第1・3・5土曜日

長野県茅野市豊平3317-1

アクセス

お知らせ

2020.11.04
休診日のご案内
2020.10.27
10月29日(木)は都合により午後休診となります。
2020.08.28
新型コロナウイルスPCR検査の導入について(自費・無症状者)
2020.08.12
院長からのお知らせ
2020.07.29
8月13日(木)~16日(日)まで休診になります。
2020.06.19
喘息の診断に有用な「NIOX VERO」を導入しました

過去のお知らせ